Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナン FILE.995 わからないのか?

 

蘭達の旅行の目的は?

2017年6月7日、大台の1000話目前の名探偵コナン。
コナンが気にする蘭達の旅行とは何なのか?

警察の捜査

「更家さん!」
倒れた被害者に呼びかけるウエイトレス。
「それ以上触るな!」と世良真純。
「ぼくが見るから。」
こう話しかける世良真純の横で既にしゃがみこんで何かを調べているコナン。
小五郎が警察を呼ぶように蘭に頼む。
小五郎は大きな花瓶での撲殺、南京錠のロッカーが壊されていることから、犯人はかなりの怪力の持ち主と予想。


警察が到着。
ウエイトレスと店長で、花瓶がなくなっていたからその花瓶を探していたところ、被害者を見つけた経緯を話す。
店の鍵はウエイトレスと店長、被害者の更家、勝手口の鍵なら料理人全員が持っているとのこと。
蘭、園子、世良の三人にも何か見てないか確認する目暮警部。
三人とも見てないと話し、園子は、うちらを見張ってた誰かさんなら見ているかもと小五郎の方を見る。
小五郎は見てないと答え、コナンにも「見てねえよな?」と確認する。
しかし、コナンは険しい表情で聞こえてない様子。
小五郎がちょっと怒鳴ってようやく反応するコナン。

警察は料理人に確認してみたが、厨房から現場の更衣室は死角になっていてその時間に誰が更衣室に入っていたかは不明とのこと。
店で働いていた元シェフの店長の弟が、一度厨房に指示を出しに行っていたとして呼ばれ事情聴取を受ける。
凶器の花瓶は30キロ程度あり、ガタイの良いあなたなら使えるのではと小五郎。
しかし、手首を痛めている様子の元シェフ。
とすればとやや太めの女性店長に目を向ける小五郎。
店長「私は女性ですが何か?」
・・・

話は南京錠が壊された被害者のロッカーに。
被害者が大事にしていたものとしてタブレット端末があったとウエイトレス。
そのタブレット端末はブログの為に使うものだと元シェフ。

いつもと違う?コナンの様子

小五郎は容疑者の可能性が高い3人と会話する。
その様子を見ていた世良真純。
(そういう事か・・・・・でもこのトリックならこの3人は誰でも可能だ。)

園子がいつもと違うと思わないと話す。
蘭が何がと聞くと、コナンが「あれれー」とか「おかしいぞ」といって事件に絡んでこないことだと話す。
蘭は、コナン君なりに一生懸命考えているんだよと話す。

そのやりとりを見ていた世良真純はにっこり。
コナンに話しかける。
「なんだなんだ?わからないのか?」

コナン「ぜんぜんわからねえよ。」
世良「ぼくはトリックなら解けたぞ。犯人はまだだけど。」

コナン「犯人?」
「ああ、それなら更衣室に入った時にわかったよ。大体のトリックもね。」

世良「え!じゃあ君がわからないっていうのは。」
コナン「蘭姉ちゃん達の旅行だよ。」


世良(え!?そっち?)

確かに世良真純がウエイトレスに話しかけている間にしゃがみこんで何か調べていたような気がするけれど、もう推理が終わっていたとは。
次号、解決編でしょうかね。