読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナン FILE.991 手ェ出さんとき

 

映画公開前シリーズ第2話

2017年3月29日、沖田総司登場のシリーズ第2話。
新一に似ている沖田に蘭は何を思うか。

新一に似ている

「京都泉心高校の沖田総司や。」


蘭「沖田って和葉ちゃんが言ってたあの五段付きの。」
沖田が蘭に歩み寄る。
沖田「なんや、お姉ちゃんカワイイな。名前は。」
蘭「毛利蘭ですけど。」
沖田「蘭ちゃんか。ええ名前やな。」
蘭(なんかこの人新一に似ている。)
ドキドキする蘭。

咳払いするコナン。
そして、沖田に、何で切った犯人が相当の手練れだとわかるのかを尋ねる。
沖田は、被害者の服装が剣道の審判の格好、そして剣道の審判は有段者だからだと話す。その姿を見た蘭はなおさら新一と姿をダブらせる。

沖田「なんや。俺に惚れてしもたん。侍なめたらあかんで。そんなん気配でわかんねん。」 
後ろから竹刀で叩かれる沖田。
服部「そんなんわかるかボケ」
服部「それに俺の連れの女や。手ェ出さんとき」
沖田「ええやんか。その男が見てるわけやないし。」
コナン(見てますけど何か。)

三人の容疑者

警察(高木刑事、佐藤刑事)が到着。
目の見えない目撃者の証言から犯人がトイレにいることを確認。
返り血を浴びている可能性が高い為すぐわかるだろうと服部。
警察がトイレに入ろうとした際に、トイレから出てくる三人。
若い男、若い女、小太りの中年男性。
誰も返り血を浴びていなかった。

しかし、その中の中年男性にすぐさま竹刀を突き立てる沖田。
「あんた、有段者やろ。あんたも審判の服や。あんたが殺ったんやな。」
中年男性はなんのことかわからなかったが、すぐに被害者の変わり果てた姿に気が付いて事情を知る。
中年男性は被害者男性と面識があった。

警察は他の2人に、被害者のことを尋ねたが2人は知らないと話す。
しかし、コナンが被害者男性の携帯に女性と2人で映っていた写真があると話す。
すると、中年男性は確か若い女性と交際しているとかと思い当たることがある様子。
奥さんと別れないならと不倫トラブルがあったとのこと。

若い女性に尋ねた所、自分がトイレに来た時には既に亡くなっていたとのこと、気が動転して通報できなかったと話す。
若い男性は、被害者男性を知らないと通そうとするが、若い女性が「以前、この人が一緒にいた女性に剣道大会で優勝したと話していて、被害者男性にどこの大会かと言われて揉めていた。」と証言する。
中年男性も、お互いの審判のことについて言い争いになったことがあるという。

警察は三人とも動機があると判断する。

あいつに言わなこと

捜査が進む中、沖田総司がトイレの裏に血まみれの防具を見つける。
防具を確認すると「京都泉心高校」の名前。
昨日の稽古で使われたとのことで、中年男性も着たと話す。
また、他にも複数人が着用している可能性があり、警察はDNA鑑定はあまり期待できないと話す。
とにかく試合を中止させてと佐藤刑事。
そして、高木刑事が試合中止の説明に向かおうとするが、服部が試合中止は困ると止める。
服部「試合に優勝して、あいつに言わなことがあんねんから。」
沖田「試合に優勝ということは、俺に勝つということやな。」 
服部「当たり前や。」
沖田「ほなら試合まで待たなくても今ここで。」
服部「ほー、それは有難山のホトトギス。」

2人が構える。
コナン(おいおい。。)

蘭(あいつって和葉ちゃんのことだよね。ということはまさか優勝したら、和葉ちゃんに告白するってこと。)


その頃、試合会場にて。
和葉「蘭ちゃんたち遅いなー。試合始まってまうで。」

感想

青山先生、次回休載って少し早いエイプリルフールですよね?
後、恐らく沖田総司は、アニメにて新一と同じ声優さんになりそうなので、新一の関西弁と思うとなかなか新鮮ですね。