読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

【砂糖制限】甘いものを食べない生活1ヵ月、フランスパンと出会う。

 

f:id:seconddiary:20170219193434j:plain

遂に1ヵ月経過

www.secmemo.com

健康を考えて始めた砂糖制限。
うつの予防になるということが一番大きな理由だった。
あの頃、私はかなり悩んでいた。
今はどうだろうか。
正直に言うと、かなり毎日に充実している。
これが砂糖制限の効果なのか。
いや、実は私の場合は今ランニングも行っている。
このランニング効果もかなり今の生活にプラスに働いている。
砂糖制限からのランニング。

二つのことが重なってしまっているので、何とも効果の検証がしにくいのだが、少なくとも砂糖が入っている甘いものを欲する頻度は減った。
そう、全く欲しくならないということにはまだ達していない。
しかし、ランニングで鍛えた精神力により、誘惑に負けずに1ヵ月経過。

清涼飲料水はヤバいと思い始めた

スーパー等、食料品売り場のデザートはまだ食べたいなと思う時はあるが、流石に、ジュース等の砂糖が大量に含まれる清涼飲料水は全くと言っていい程、欲しくなくなった。
おかげで、すっかりブラックコーヒーにハマっている。
お米が好きなので、食事の時は流石にお茶だが、何か飲みものが飲みたい時には、ブラックコーヒーを飲むようにしている。
砂糖が含まれた甘い清涼飲料水はもう一生なくてもいいやと思えたことは、この1カ月での一番の収穫だ。
「コーラ 砂糖」等で検索すると下のようなまとめ記事が見つかる。

matome.naver.jp

記事は長いので要約するとデブを燃やすと角砂糖10000個は収穫可 清涼飲料水は砂糖の過剰摂取になりやすいということだ。

砂糖制限ってパンはダメなの?

どんなにご飯派であっても、たまには食べたくなるパン。
メロンパン等のあまーいパン。
いわゆる菓子パンのようなものは、砂糖が入っている。
当然アウトと言える。
さて、それなら惣菜パンとか食パンは?
そう、私もそれはセーフという認識であった。
しかし、念の為、裏の原料欄を確認した所、砂糖ではないものの得体のしれない糖分が入っていた。
私は砂糖制限なのであって、糖質制限ではない。
だから別に良いかと思った、しかし得体のしれない糖分、なんだったか。。
そうだ、果糖ぶどう糖液糖だ。

果糖ぶどう糖液糖

ネットで、「果糖ぶどう糖液糖」と調べると、「危険、要注意、使用制限」といった何やら雲行きが怪しい。
というかこれらの栄養素をいちいち調べてられるかということで、食パンや総菜パンも食べないことに決定。

フランスパンとの出会い

「はあ、もう二度とパンも食べられないのか」
とため息をつきながら、諦めの悪い私はライ麦パン等、いかにも糖分が使われていなそうなパンの原料表示を確認していた。
しかし、これが意外にも使われている。
「おいおい、何だこの砂糖大国は、砂糖なきゃ何も作れねえのか。」
と心の中では思いながら、何気なく手に取ったフランスパン。

「これ知ってる。確かなんかあの固くて味のない不味いパンだよな。」

・・・

砂糖?使われているかこれ。。。
恐る恐る原料表示を確認する。

小麦粉
食塩
発酵種
パン酵母
麦芽エキス
発酵風味料
麦芽粉末
乳化剤
イーストフード
V.C

以上。

ない。
甘そうなもの、そう、糖分が全く入ってない。
成分に全く詳しくない私は念の為、意味のわからない成分を調べてみた。
V.CはまさかのビタミンCらしい。

これは奇跡なのではと思い、更にフランスパンについて調べてみた。
すると、どうやらパンの発酵自体に糖分が必要であり、それはフランスパンも例外ではないのだが、フランスパンは小麦粉のデンプンをモルトが糖化して酵母による発酵ということで、詳しいことはパン屋さんに聞いてほしいのだが、他のパンとは異なっていることは確かのようだ。

フランスパンとは、小麦粉・塩・水・イーストのみで作られるフランスのパリ発祥のパンの総称。
引用:フランスパン - Wikipedia

 

ということで、砂糖制限をしていてパンを食べたい方はフランスパンを是非。
ブラックコーヒーとフランスパン。
若しくは、ブラックコーヒーに牛乳でも加えておけば非常に健康的な食事となることは間違いない。
念の為、私の買っているものは入っていないが、どうやら、市販のフランスパンでも砂糖が入っているものはあるようだ。

いや、待てよ。
小麦粉のデンプンをモルトが糖化して酵母による発酵。
これはつまり、加工の段階で糖分は発生しているけど、原料には加えてないから原料表示はしないよということなのか。。。

つまり砂糖制限の私はセーフだが、糖質制限をする方はあまり油断しない方が良いかもしれない。
しかし、パンはフランスパンしか食べないなんて、まるでフランス人のよう。
ちなみに、フランスには菓子パンはないらしい。
甘いパンという概念がなく、ケーキ等のデザートを食べるそうだ。

さて、甘いもの制限は今後も続ける予定だ。(私の場合、果物も食べていない。)
というのも実はまだまだ書きたいことがあるが、かなり長くなったのでここで一旦切る。
フランスパンのように長くなかなか切れない記事になってしまった。