読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時期尚早

仕事はWEB系ですが、ノンジャンルで書いています。コーヒー片手にごゆるりと。

名探偵コナン FILE.987 ティップオフ

コナン

 

100%ドキドキ間違いなしの新連載スタート

2017年2月15日、2週間ぶりの名探偵コナン。
待望の新シリーズは黒田管理官と若狭留美先生が登場。

黒田管理官と若狭留美先生

場所は警視庁。
黒田管理官が見ているのは、17年前の羽田浩司の事件、そして若狭留美先生がプロゴルファーを撃退した時の記事。

「管理官・・管理官・。黒田管理官」
白鳥刑事が黒田に話しかける。
黒田「白鳥か。」
白鳥「この前の事件の報告書です。大分お疲れのようですね。」
そう話して白鳥刑事は、休暇でも取ったら良いのではないかと薦める。
コナン君たちが今度キャンプ場へ行くということで、そのチラシを見せる。
黒田「ほお、眠りの小五郎の知恵袋か。」
白鳥刑事は、阿笠博士が風邪で寝込んでしまい、代わりに小林先生がついていく予定であったが、白鳥刑事とは2人の方が良いのではないかということで、更に代わりとして殺人犯のゴルファーを撃退した先生がついていくと伝える。
黒田管理官は即座に反応する。
黒田「キャンプねえ、柄じゃないよ。」
と言いながら笑う黒田管理官。

キャンプ場にて

キャンプ当日、コナン達はキャンプ場へ。
コナンは若狭留美先生の怪しさに気付いていた。
ゴルファーが起こした殺人事件の時、レジのレシートには俺たちの分の皿まで買ってあった。
技と屏風を汚して呼んだのではないか。
そして、白骨遺体を発見した時も、何年も開いていないはずの扉には真新しいサビの部分があった。
あらかじめ遺体を発見していたのではないか。

だとすれば、今回も何かが起きるのではないかとコナンは予想する。

歩美「コナン君みたいな人がいるー。」
コナン達が目を向けると、そこには、「3」を指で示す若いお兄さんの姿。
灰原「フランスかぶれのお母さんがやってた数え方ね。」
ただ「2」の数え方が自分達と変わらないということ、指にテーピングを巻いていることからコナンは「お兄さんバスケットボールの選手でしょ」と若いお兄さんたちに話しかける。
お兄さんたちはそれぞれ自分達の紹介をする。
コナンの鋭い指摘に、坊やすごいわねと言ってきたのはバスケ部の女性マネージャー。
そして、去年まではベンチだったバスケ部のエース。
指で「3」を示していたお兄さんはディフェンス。
もう一人は元エースだったが、ディフェンスのお兄さんの肘を食らい、失明寸前までのケガを負い、選手生命を断たれ、現在マネージャをやっている。(まだ誰も死んでませんし、何もおきてませんが、きっと犯人でしょう。)

そんな一行の話を聞いていると、灰原が突然怯える。
そして、怯えながら自分が反応したと思われる方向、後ろを振り向くと若狭留美先生。
コナンも同じ方向を振り向く。
若狭留美先生は怖い表情で、恐らくポケットの中の何かを強く握っている。
コナン「一体、何を握っているんだ。」
元太「まさか、キャンプで食べるおにぎりか」

お兄さん炎上

コナン達とご飯を食べ終え、それぞれが休憩している。
そんな中、突如として、テントが燃え上がる。
駆けつけるコナン達。
灰原が歩美たちに見ない方が良いと話す。

そこには燃えてしまったディフェンスのお兄さんが。
そして、別のテントから突然現れた男。
なんと、それは黒田管理官。

黒田管理官「一目見て状況を把握した。警察を呼ぶとしよう。良いですよね、若狭留美先生。」