読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナン FILE.985 英理、万事休す

コナン

 

英理おばさん監禁シリーズ

2017年1月25日の名探偵コナン。英理おばさんの監禁シリーズ第2話。
本物の英理がわかるのか。また無事救出なるか。

英理おばさんで間違いない

蘭に届いた母・英理からのメッセージ。
どれが本物の英理かわからない、そもそも本物がいるのかもわからないと話す小五郎。
そして、本当に英理おばさんから届いているよとコナンが話す。

コナン「文章の句読点が「,」になっている。これは、弁護士が良く使うと新一兄ちゃんが話していた。」
ということは、最初の悪い奴らに捕まっていると送ってきたのが英理になるじゃねえかと小五郎のおっちゃん。

英理の居場所

近くに都庁か東都タワーが見えるかコナンが英理に確認しようとする。
しかし、どこかに隠れているなら見えないのではと蘭達が心配するが、コナンは先を読んでいた。
すぐさま偽物から、都庁が見えると返事が来た。

そして、コナン達は英理に電話が出来るかどうかをメッセージにて確認する。
英理から電話がかかってくる。
050の番号を確認して、IP電話かとコナン。
電話に出るのはコナン。

「英理おばさん、声は出さなくていい。
今からこっちで鐘の音がなるから、それが聞こえたら、スマホを2回叩いてほしい。わかったら1回スマホを叩いてほしい。」

1回スマホを叩く音が聞こえて、その後すぐに鐘の音が鳴った。
そしてスマホ越しにスマホを2回叩く音が聞こえた。
その鐘の音の後にスマホが2回叩かれるまでの時間を測定していたコナン。
コナンはその時間と音の速度からこの探偵事務所から英理のいる場所の距離を算出する。
そして、都庁ではなく、東都タワーの近くの廃ビルと推理。
コナン達は現場へと向かう。

鋭い推理を前に、蘭はまるで新一みたいと。
蘭(ううん。今はお母さんを助けるのが先。)

英理、ピンチ

犯人達は英理を探している。
犯人は3人組でリーダー格の1人は別の所。
そして、犯人2人が英理の隠れている部屋に入ってきて、1人が正に隠れているタンスを開けようとするが、そんな所に隠れているわけないだろうともう1人に言われて止める。
ロッカーでコナンを見逃したジンの兄貴を思い出す
同時に、空腹状態であった英理のお腹が鳴ってしまう。
腹なんか鳴らすなよとデブの犯人に注意する。

犯人2人はリーダー格の男へ連絡。
自分達の電話から電話されてしまったけど大丈夫かと確認する。
しかし、リーダー格の男は電話番号はIP電話で足はつかないとのこと。
また、女のスマホはハッキング済でメッセージの内容はこちらに筒抜けだということでまだこちらが優位であろうと犯人達。
犯人2人が英理を探した箇所等を状況と説明する。
そして、リーダー格はその話の中で気付く。
「そこの部屋に案内しろ。どうやら女は空腹のようだ。」

英理からのメッセージ

現場へ向かうコナン達。
もう一度電話で英理に確認する。
急いでいるコナンは説明を省き、とりあえず音がしたら、またスマホを叩いてほしいと告げる。
そして、ボールを思い切り蹴る。

算出した距離圏内には東都タワーが見える廃ビルが複数ある。
英理の居場所を探すコナン。
その時、英理から暗号めいた1通のメッセージが届く。
「蟹は,生茹でだけど お陰で2匹のメカジキが, 美味しそう
今夜は,明るいから 外で食べましょうか?」

月を見上げ、不敵な笑みを浮かべるコナン。

感想

英理おばさん(37)。。
いえ、何となく思うところがあっただけです。
書きませんが。