読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナン FILE.983 喫茶ポアロで謎解きを

 

謎の男 和田進一の正体判明

2016年12月28日、2週間ぶりの名探偵コナン。
そして、今年のコナンは見納めです。
シリーズ解決編、そして和田進一の正体が判明。

謎解き

返り血を誰も浴びていないから、この中には犯人はいないんじゃないか。
俺なんてトイレにいた。

こう話して犯行を否定をする容疑者達。

服部平次が、百人一首を話し始める。
犯人はトイレで僅かな光を頼りに犯行を行ったと話す。
この小さなガラス窓はガラスもざらついていて見ることが出来ないと話す犯人。
それに対して、こうしてセロハンテープで平らにしてやれば、見えるでんがなと話す服部。
更に、この椅子の配置と間取りで何遍も練習したんやろと話す服部。
服部の謎解きの様子を撮影?する和田進一と名乗る男。
コナンに何やっているのかと聞かれるものの、特に何でもないと話す和田。

返り血は背中にトイレットペーパーの芯でもあてた上で穴を通して突き刺せば、返り血は浴びない。
ただ、穴から刃物を抜き取る際に、俺たちにかかってしまったけどなと話す服部。
トイレットペーパーの芯を無理やり戻したような痕跡がありました。
芯を調べれば、血痕とあなたの指紋が出てくるでしょうと安室がつけ加える。

観念した犯人は、何で彼氏の俺が君付けであいつは違うんだよという糞みたいな動機を話し始める。
やっぱりお前らは何かあった。
そうだ、元彼なんだろうと話す犯人。

「腹違いの兄妹なんだよ」
コナンが話す。
誰かを守る為とお姉さんは話していたとコナン。
代議士の不倫等は話題になってしまう。
それで話すことが出来なくなってしまったと続けて話す。
意識を取り戻した被害者の男性から電話がかかってくる。
犯人に対して「痛かったじゃねえかよ!!」と怒鳴る被害男性。
ただ自分の行動にも非があったと認めた上で、今回のバースデー動画を見るように話す。
すると、そこには被害男性が、実は自分達は兄妹だと打ち明ける場面が録画されていた。

和葉、ワイも好きやで。

事件の解決をしている服部に先に行けと言われ、イルミネーションを見ている蘭と和葉。
そんな時、和葉を慰めるかのように蘭が突然、
「和葉、ワイも好きやで」
と服部になりきったつもりで話す。
「平次はワイなんて言わへんよ。」

そして、そんな二人の近くで、ポアロの話をするカップルが。
「今、ポアロで殺人事件あったらしいよ。」
蘭・和葉「!!」

和田進一の正体

事件解決後、高木刑事がある人物を探している。
蘭に、医療関係者だと名乗った和田進一という男性が見つからないと話す。
すると、蘭は、偽名なのではないかと話す。
明治時代に翻訳されたホームズでは、ワトソンの和名が和田進一という軍医だったと新一が話していたという。 
コナンはこの話を聞きながら考える。
( ホームズの和名である「小室泰六」と名乗らず「和田進一」にしたということは、あの男のバックに、ヒントとなる百人一首を詠わせたホームズのような存在がいるということなのか。)


彼が電話で話す相手は、女性。
服部に対して将来の伴侶となる男性と恋心を抱く女性。
以前も僅かに登場し、服部をウチの未来の旦那さんと言っていた大岡紅葉。
和田進一は紅葉に彼はどうだったかと尋ねられて、好評した上で、気になっている女性がいるようですが特に問題はないでしょうと話す。

和田進一と名乗る男は、大岡家の執事 伊織無我。

感想

蘭のワイの間違いは可愛いし、これは正に関東人が感じる大阪人のイメージです。
実際にはワイなんて使う大阪人見たことないのですが。
私の場合はワイと聞くと、パワプロしか思い浮かびません。
何故かはご想像にお任せします。
また、突然、蘭が服部っぽく話し始めてどういうことだ?と一瞬真剣に考えました。
まさかキッドなのか?
いや、服部が蘭に変装して、いや、そんな馬鹿なと考えてしまったのはちょっと眠たかったんだと思います。

和田進一さんという方にお会いしたら、皆さんも是非、コナン君のように、
「和田、進一、、だと?」と思ってみてください。

安室透が完全に服部の助手のような感じになってました。
まあ、服部平次は工藤新一のライバルという位置づけでもあるので仕方ないのでしょうが。