読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時期尚早

仕事はWEB系ですが、ノンジャンルで書いています。コーヒー片手にごゆるりと。

【CoCo壱番屋】ココイチのカレー 気になるルーの量について

食べ物

皆大好きカレーライス

少なくともこの記事に辿り着いた人はカレー好きなのではないかと思い、そんなカレー好きに役立つ情報を書いていきます。
特に、ココイチのカレーをよく食べる人にお勧めな情報です。

f:id:seconddiary:20161115112234j:plain

ココイチについて

まず、ココイチの紹介をします。
ココイチは正式名称「CoCo壱番屋」という日本一有名なカレー屋です。
ココイチという愛称で親しまれています。

www.ichibanya.co.jp

どうやら世界的に見ても巨大なカレー屋のようです。
アメリカや中国にも店舗があるようです。

2013年1月17日、「ギネス世界記録」は、カレーハウスCoCo壱番屋を「最も大きいカレーレストランのチェーン」に認定した。

引用:壱番屋 - Wikipedia

私がココイチを知ったのは、ココイチがライス量1,300グラム以上のカレーライスを対象に15分または20分以内に完食すれば無料というキャンペーンを行っていたからです。

ライス量1,300グラム以上は、大食いを語るなら通る道

今からもう15年も前になってしまうのですが、2001~2002年位は、大食い選手権等のテレビ番組の影響もあり、世は大食い時代に突入していました。
少年達にとって、たくさん食べられる男というのは、まるでヒーローのそれと同等です。
当時、飯がたくさん食えるかどうか、これは男同士の競争でした。
面白いことに、女の子からモテるかどうかというのは関係がなく、本当に男だけの戦い。
基本的に、小学校や中学校位の少年時代は、足が速いとか、スポーツが出来るとかという点は、女の子に人気が出る要素の一つです。しかし、たくさん食べられるというのは男同士の中でだけの格付け要素なのです。
そう、それぞれ男女(少年少女)からの反応を書いてみましょう。

女の子の反応。

「足が速い!キャーカッコイイ」
「サッカーが上手い!キャーカッコイイ」
「たくさん食べる!うわ、デブ・・・」

男の子の反応。

「足が速い!クソはえー」
「サッカーが上手い!つえー」
「たくさん食べる!うわ、やべー」

このように男女の反応には違いがあります。
そもそも、少年時代に誰も「痩せの大食い」なんて存在を知るはずもなく、食べられる量というのは、体の大きさに比例するものと思いがちです。
その為、大食いに関して女性はあまり興味を示さないのだと思います。
結論から言えば、大人になってから女性が「大食いってすげー」となるはずもないので、男性の皆様、大食いだからと言ってむやみやたらと公言するものではありません。
とは言え、大食い女性にとっては、自分より食べられる男性は嬉しいと思います。

さて、ライス量1,300グラム以上20分以内完食キャンペーンにいつか挑戦と思っていたのですが、残念ながらこのキャンペーンは私が少年時代に終わっております。(2003年8月31日をもって打ち切り)
理由としては、元々毎年ものすごい量の残飯が出ていて、食品リサイクル法により、廃棄物の基準が設定されたからとのことです。

ライス量?ルーの量は?

さて、お気づきでしょうか。
ライス量1,300グラム以上との記述。
そう、カレーの総重量ではなく、ライス量との記述です。
つまり、これ総重量にしたら、2kgは超えてくるのは想像に難くないのです。
ココイチで「ポークカレー全部普通で(辛さと量が普通ということ)」と頼めば、ライス量300gのカレーが出てきます。
こちら、ライス量が300gなのです。
それでいて、レトルトカレー1.5杯分位はありそうなルーがよそられています。
レトルトカレー(200g)×1.5の300g。
つまり、標準のカレーを頼んだとしても、総重量600g位になるのです。

さて、私は数年前に一度ココイチでライス量1000gを頼んだことがあります。
更にカツをトッピングしてます。
ふと、あの時ってどの位の量を食べたんだろうと気になりました。
標準のカレーの総重量は何となく見た目で計算できるので、その3倍の1800g位あるのかと思うと、自分で食いすぎなんじゃないかと思うのと同時に、たぶんそんなに食べられるわけないと思った為、ルーの量をネットで調べてみました。
恐らく公式ホームページには載ってません。
なかなか出てきませんでしたが、「ココイチ カレー ルー 量」でそれらしいものがヒット。

※2008年のデータである為、既に変更されている可能性は高いです。

ハーフ(150g)→132g
200g→176g
300g→220g
400g→290g
500g→360g
600g→440g
700g→484g
800g→528g
900g→572g
1000~1200g→650g
1300~1500g→730g

こちらのデータだと、1300gだと総重量2030gで2kg超えています。
ライス量300gは総重量520gでそんなに多くなかったです。
ライス量1000gは1650gで1.65kg。
しかし、こうやってルーを足した総重量で見ると、随分食べていたんだなと思ってしまいます。
今は以前ほど食べ物に対してがつがつすることもないのでやりませんが、以前は食べ物を重量で選んでいた時がありました。
自分の中で1000gが平らげられるということがわかってからは、重量で選ぶと買いすぎ、又は足りないということがなかったので便利だったような気がします。
とは言え、太らない体質だからこそ出来る贅沢な気がします。
健康を気にする人はしっかり栄養素を確認した方が良いと思います。
食事はただ腹を満たしたいだけという方は是非、グラム買いを試してみてください。
そもそも、自分がどの位食べられるか知らないという人は、どの位で満腹になるのかを知るという意味でココイチを利用しても良いかと思います。

そして、当時1000gを食べてみて思ったことが、昔のキャンペーン1300g(総重量2kg超)を20分以内って結構ハードル高いぞと。
成功率どんなものだったんだろうなと思います。
この辺が達成出来て大食いの最低ラインだと思ってます。(つまり私は大食いを名乗れません。)
大人になって、いちいち「俺、大食いなんすよ」なんて話はしないからかもしれませんが、未だにココイチ1300g20分キャンペーンの成功者に出会ったことがありません。

参考

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp