読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~異性の現実、それでも女性は可愛いもの~

 

筆者は男性です。

久しぶりにシェアハウスネタを投稿します。
決して変態目線で書いているわけではありませんので、あしからず。
シェアハウスには、こういう男もいるのね程度に思っていただけたらと思います。

異性がいるという状況への慣れ

私の場合は、奇跡的に女性との同棲経験があった為、そこまで抵抗はなかったかもしれません。
女性のだらしない部分はある程度知っているつもりである為、必要以上に女性に対して夢を見ることはありません。
とはいえ、やはり男としては清楚な女性がいたらなと淡い期待を若干持っているものです。
しかし、現実は厳しく、靴等、共有スペースにあり、目に見えてしまう物。その物の置き方でその人の性格というものが嫌でも見えてしまいます。
勿論、それが全てではないにせよ、あまりに汚いと絶対部屋も汚いだろうなと想像してしまいます。
実際に、ある特定の女性が、もう荷物が置けないとのことで荷物の少ない自分のスペースを貸すという状況になっています。
私はいわゆるミニマリストという人なので荷物は非常に少ないです。
しかし、まさかこんな展開になるとは思ってませんでした。
そうだよね、余っているものは有効活用しないとだよね、、、。
そんなこんなで、女性のそういうありのままの部分を見ていると不思議と慣れていくものです。
むしろ、こんな慣れてしまって色々と大丈夫かよと思います。
恋愛からの結婚が出来るのか等々。

女性同士の会話

自身が会話の中に入っていれば、そこまで気になる事はありませんが、女性同士の会話はとても気に障るものです。
いわゆる女子トークというものでしょうか。
何故、こんな話を延々と出来るのだろうかという呆れそうになるものの、きっと楽しいんだろうな、そうかそうかと何故かお父さん、又はお兄さん目線になっている時があります。
トーク内容はさておき、女子同士楽しく盛り上がっているなら、それはとても良いことなので、騒がしいなと思う反面、微笑ましい光景でもあります。

女性は可愛いもの

男性にとって彼女は大体可愛いものだと思います。
そして、私の場合は妹がおりますので、元々、女性は可愛いものという印象を強く持っていました。
しかし、改めて特別な関係のない女性達と暮らして、接してみて思うのは、女性は誰でも可愛いのだなということ。
その点において美人であるかどうかは関係がないと思います。
ただ可愛いとだけ書くと誤解を招きそうなので、つけ加えるとしたら、妹のような可愛さがあるということです。
この「妹のような可愛さ」とか、「妹みたい」という気持ちは、実際に妹がいる人でないと恐らくわからないと思います。私からすると、男性で妹がいないのに、女性に対して妹みたいだと言う人の心理がわかりません。お前が思うより、妹というのは可愛いものなんだよと、気安く妹を語るなと。
特に私の場合は、妹と年が離れている為、親心に近いものがあります。
ええ、シスコンだと自負しております。

だからこそ、シェアハウス住人の女性達が全員好きなんだと思います。
それは恋愛のような好きという感情ではなく、妹のような存在だから好きなのでしょう。
当然、そういう好きという感情なので、嫌な面があったとしても目を瞑れます。そう、どんなに部屋が汚かろうが、めちゃくちゃ愚痴を言おうが、気が強かろうが、感情の起伏が激しかろうが、妹のような存在だから、全員許せるし、可愛いと思えるのです。

こんなこと流石に本人達には言えないので、ここで書いておりますが、もしかしたら私達のことかもなんて、シェアハウスに住んでいる方々は各自ご想像してみてください。
これから住まれるご予定の方も、こういった男性もいるとか、こんな風に思われることがある等々、何かのご参考になればと思います。
決して悪意はなく、ただのシスコンなだけです。

最後に

読み返してみて、ちょっとシスコンのくだりは気持ち悪いですね。
更に、こんなにシスコンを強調して書いておいてなんですが、実は妹とは全く連絡を取ってませんし、会うこともありません。
こういう変わったシスコンもいるのです。
ただシスコンだと思っているだけのシスコンなのかもしれません。
生粋のシスコンからしたら、週一で会えとか、毎日メールしろとか言われそうですが、自身がシスコンだと思い込むことこそが、妹に対する免罪符

ええ。
最後の方はもう色々とおかしい文章になってきて、ダークサイドへ落ちそう(注:筆者はスター・ウォーズを見たことがありません。)だったので、この辺で筆をおきます。
気が向けば書くかもしれませんが、どちらかと言うとNOTEとかSTORYS.JP(ストーリーズ)に載せる話な気がします。
以上。