読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

フェイスブックのボットや業者等、怪しいアカウントの見分け方

 

Facebookの本来の使い方

まず初めに、Facebookの本来の使い方について。
正解はないと思いますが、元々は友達との交流の場。
そして、今でも根本は変わらないと思います。
とはいえ、今やかなりビジネスライクな感じになっているFacebook。

私のFacebookの使い方

私自身、会社の海外向けコンテンツのプロモーションの一環として、海外の友人を増やそうと今更ながら、Facebookをばりばり使い始めました。
今や友達もマネーで変える時代です。
「フェイスブック 友達 購入」又は、海外サイトの場合は「Facebook friend buy」なんて検索すれば、怪しげなサイトが出てきます。
しかも、「Facebook friend buy」の方がレート考慮しても価格が安いので、日本の業者はこちらから高値で売りつけているのかなと思っています。
さて、しかし、その方法を調べると、友達は増えるものの「いいね」等の反応がないということで、本当にただただ友達の数が増えるというだけのものです。見かけ倒しにはもってこいだと思います。
正直反応がなかったら意味がないということで、本物っぽい外国人を感覚で探して、友達申請していきました。

人のタイムラインに卑猥な動画をぶち込んでくるバカ

こちらは一応英語のプロフィールで顔も載せてます。
海外ですので、顔の良し悪しなんてまあ何とでもなります。。
そこそこ友達申請は通ります。
しかし、申請していて気付いたのですが、まあ綺麗な人の多いこと。
こんなモデルのような人達がフェイスブックやって、普通に一般人と交流持つのかと思いました。
そして、友達が増えるのと並行して、日本の良さっぽい写真を投稿していましたが、反応が薄い。
もしや、これ結構ボットなのでは?と。
中には、私に対してreal?とかメッセージ送ってくる人がいたので、少々安心していた所があるのですが、何かおかしい。
そして、先程、プロフィールで可愛い顔して卑猥な動画をタイムラインに投稿してくるバカがいました。
うん。ボット多いなと。

ボットや怪しい業者等の見分け方

これだけフェイスブックが浸透していて、様々な場面で使われれば、悪さを考える人も当然います。アカウントなんて本物より本物らしいアカウントは作ろうと思えば作れてしまいます。
さて、そんな怪しいアカウントの見分け方。

  • 投稿がなかったり、投稿内容が卑猥なものである
  • 「最近の友達」が多い

この二つでかなり絞れるのではないかと思います。
投稿がない、卑猥だというのは、パッと見て誰でもわかるかと思います。
敢えて怪しげなアカウントと友達になろうとは思わないでしょう。
さて、「最近の友達」ですが、相手の友達という欄から見ることができるはずです。
最近の友達というのがどの位最近なのか、明確な数字が見つからなかったのですが、およそ1~2週間位のようです。
この期間で友達1000人だとか、友達の大部分が「最近の友達」の場合、非常に危ういアカウントです。
ということで、私のアカウントも危ういということです。
ただ何というか、そういったアカウントの投稿内容をしっかり見ていないというか、自分は発信メインだからか、あんなアカウント作ってどうするんだろというのは少し気になります。
「いいね」ビジネスなのかわかりませんが、何やら怪しげな世界を垣間見た気がします。明らかに、卑猥なサイトへの誘導等はわかりますが、後はいまいち何がしたいのかわからないです。私は、ちょくちょくサービスへの誘導を試みてますが、まあ反応のないこと。

ボットや怪しい業者等の見分け方 番外編

Facebookユーザの中には自分の「友達」を公開していない人がいます。
私は、この人達はどちらかと言えば信頼できる部類ではないかと思っています。
しかし、友達非公開で友達申請というのは、それはそれで友達がいない人なのかと思われることもありますし、どちらが良いのかは何とも言えません。
私は非公開派です。
友達外国人ばかりですし、相当怪しいアカウントになりつつあります。