読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナン FILE.968若狭先生のヒミツ

 

シリーズ完結編

2016年7月27日、コナン最新話です。
日本列島がポケモン色で染まっていますが、名探偵コナンも謎の登場人物が現れ、ヒートアップしてます。
「此の世を離れる、覚悟だよ。」若狭先生、貴方は一体何者?

いろはにほへと

「誰!?」

背後の三人組の気配に気づいた灰原が振り向く。
しかし、そこに姿はない。
犯人達だろうなとコナン。
きっと10年前の資産家強盗であると。
コナンは、先生の言っていた「エビス」と「ウイスキー」の言葉から、時間割の暗号を解けたと言う。
「エビス」=「ヱビス」の「ヱ」。
「ウイスキー」=「ウヰスキー」の「ヰ」。

これらの「ヱ」や「ヰ」を使う文字列として、いろは順がある。
あいうえおというひらがな順ではなく、いろはにほへとという具合に、いろは順で時間割に当てはめていく。
すると、ここを待ち合わせにするとの記述が浮かび上がる。
これは、資産家強盗のボスがこのメッセージを残して、メンバーを集めたのだろうと推理。
そして、ボスが事故にあってるなら、ここに盗品がある可能性が高いと他のメンバーは思うはず。
案の定、石灰引きの中に札束が隠されていたとコナン。
警察に通報した方がと提案があるが、コナンは警察に通報すると犯人達が近寄れなくなり捕まえられなくなると言う。

コナンの罠

コナン達は外に出る時にわざとハチマキに書いた暗号を残していく。
犯人をおびき寄せるために。
歩美「これなんだろうね。」
若狭先生「新しめの文字のように見えるけど。」
灰原「まるでさっき書いたようね。」
コナン「そんなんいいからとっとと帰ろうぜ」

時間が過ぎ、白鳥刑事がやってくる。
よくこんな説明で来てくれたと灰原が言う。
白鳥刑事(小林先生がいると思ったんだけど、、、)
しかしながら、そこにいたのは謎の副担任・若狭先生。
コナン(何であんたまで。。。)


そして、犯人たちは倉庫へ。
そこに倉庫の扉を開けて、白鳥刑事登場。
「10年前の資産家強盗の件について、署までご同行願えますか。」
その時、コナン達は犯人が2人しかいないことに気づく。
犯人はもう一人いるはずと思ったのもつかの間、白鳥刑事は背後から殴られてしまう。

覚悟はできているか?

子供達は骸骨のあった場所へと。
灰原がコナンに、なんか道具でやっつけたらと聞くが、コナンは暗闇の中では確実ではないと答える。


そして、最後に若狭先生が降りていくはずが、ちょっとドジな若狭先生は階段の前で転んでしまう。
そして、同時に、階段の扉を閉めてしまう。
先に降りている子供達からは何も見えない状態になる。
犯人達と上に残った若狭先生。
そして、若狭先生は犯人達に向かって静かに尋ねる。

「覚悟はできているか。」

そして、不敵な笑みを浮かべ、

「此の世を離れる、覚悟だよ。」

子供達は無事救出され、歩美たちが先生が倒してくれたの?と聞くが、
先生は、たまたま振り回して道具があたっただけと答える。

そして、場面は学校の職員室。
若狭先生の活躍が知れ渡り、小林先生が何でわたしも呼んでくれなかったんですかと残念がる。
それに白鳥刑事が来ていたなんてと小林先生。
コナン(そこかよ。)

感想

若狭先生、かっこいい女性キャラの予感です。
あまりこの表情をする女性キャラは他に思い浮かびません。
世良真純位しか思い浮かびませんね。
いやしかし、一体何者なのでしょうか。
今回の事件に関して、コナンは気付きもしないだろうが、あらゆるヒントを意図的にコナンに与えていたであろう女性。
雰囲気として、FBIのジョディ捜査官よりも、CIAの水無怜奈よりも強そうな女性。
やはり、MI6あたりとなってくるのでしょうか。
領域外の妹関連なのではないかと勝手に思っています。
今後の物語の重要な1人であることは間違いないでしょう。
しかし青山先生、どんな気分であの若狭先生の台詞と絵を描いたのだろうか。
名探偵コナン、やっぱり面白いです。
そういえば、最近眠りの小五郎を見ない、、、