Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

太っている人がダイエットコーラを飲み続ける理由

 

f:id:seconddiary:20160711132846j:plain

ダイエットコーラを買おう

本日、7月11日ということで、恐らくセブンイレブンの日です。
そうでなくとも、多くの方々の頭の中によぎるのではないでしょうか。
セブンイレブンの売上が飛躍的に伸び、その他大手コンビニ社員もその日ばかりはセブンイレブンに偵察と言いつつ行くとか行かないとか。

さて、そんなセブンイレブンの商品で、ダイエットコークのレモン味というのがあって、コーラ好きの私はたまにはこういうものを買うのも良いなと思い、手に取りました。

そもそもコーラでなければダメなのか

コーラ好きの人の気持ちはとても良くわかります。
コーラは中毒性があります。
子供の時こそあまり飲みはしませんでしたが、今更ハマってます。
常に飲料業界を引っ張っているコーラ。

彼らの戦略として、ダイエットコーラなるものが作られたことも納得は出来ます。
カロリーゼロを謳って棲み分け出来ると思います。
しかし、消費者を見ているとやはり疑問に感じます。
太った人がダイエットコーラを購入する。
コーラを選択する時点でダイエットする気なんてさらさらないだろと思ってしまいます。

太った人がそれでも選択する理由

  • まだ諦めてはいないという意思表示。
  • ダイエット中だからとネタにする為。
  • 惰性

まだ諦めてはいないという意思表示。

私は痩せることを諦めていないという姿勢だけでも保ち続けている人です。
こういう人にダイエット食品でも薦めてみたら売れるのではないかとひそかに思っています。
もしかすると、良い情報が飛び込んでくるかもしれない、体に良い変化が起きるかもしれないと思っている可能性もあります。

ダイエット中だからとネタにする為。

男同士ではこういう人多いのかと思います。
男性のコーラ好きデブは非常に多いです。
「コーラはゼロに限る」とか「ダイエットが良い」とか豪語するのです。

デブがコーラ好きなのではなく、コーラが好きだからデブ

本当に太っている人のコーラ好きは多い気がします。
コーラ市場を支えているのは彼らなのではないかと思う程です。
こう考えてしまうと、私のような人間はまだまだコーラ愛が足りないというところでしょうか。
正直に言いますと、コーラを飲む頻度は500ml×3本/週という程度です。
年間にしても70L程度なので、完全に中毒ではないですが、購入飲料の割合で見ると一番です。
そもそもここが痩せているか太っているかの違いです。
毎日飲み続けて良いわけがないと体が思えるか思えないかどうか。
太っている人はその感覚が圧倒的に鈍いのだと思います。

 

幸せの代償として身体的な負担を背負わせているであろう飲料業界。
取りすぎると碌なことはないとわかっているはずなのに、つい取ってしまう。
こういう所にもビジネスのヒントは隠されていたりしそうです。
ちなみに、ダイエットコークレモン味、美味しくないです。
なんか味が薄い・・・。