Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

考えは変わるもので、変わってもいいもの

 

物事の考え方

ぶれない自分を持つこと。
こんなものが大人になってくると、求められることがあります。
昨日ああ言ってたのに、今日はこう言う。
このように言うことがコロコロと変わる気分屋であると、信用がないと言われてしまうことがあります。
しかし、昨今の情報化社会において、考え方は24時間いつでも変わる可能性があります。

自己完結型

食に関することや健康に関すること、その他色々、自分だけで完結する物事に関しては、そう簡単に意見が変わるものではありません。
ネットを見ていると色々な情報があるが、例えば1日1食を貫き通すというのは、自身だけで完結する考え方であり、毎日変わるようなことではありません。

第三者介入型

第三者が入ってくる場合、考え方というのは大きく変わることがあります。
人との出会いというのは、時として自分の見えなかった自分に気付かせてくれます。
例えば、自分の中で「絶対に人を叱らない」等、人への接し方の自分のルールはどうしても万人には通用しない時があります。
人への対処方法というのは、自身でこれだと決めていても、変えなければいけない時があります。

辻褄が合わない

考え方を大きく変えようとする時は、どうしても過去を思い出して、自身のこれまでの言動、考えと反していると自己嫌悪しそうになる時があります。

しかし、人は変わるものです。
考え方が変わるというのは、成長することです。
考えが凝り固まってしまったら、それは時に頑固だと言われます。
このように捉えることが出来たら、もう少し人の意見にも耳を傾けられる人になるのではないでしょうか。