読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

18歳選挙権 18歳と19歳が選挙へ行った方が良い理由

 

朝のテレビ

「18歳の人に18歳の選挙権の話を聞くのか?」
というのは、ある東大生の言葉。
何気なく見ていたテレビを見ながら考えていたのは、この機会を活かす人もいるのだろうということ。

7月10日の参議院選挙

7月10日(日)の参議院選挙では、18、19歳の人達も投票が出来るようになります。
特に、初めて選挙権が与えられ、注目を浴びている18、19歳の人達は選挙なんてどうせ行ったって意味がないと言って行かないのは非常にもったいないことです。
注目を浴びている今だからこそ、自身が有名になり、良いポジションを築くことが出来るまたとないチャンスです。
恐らく、メディアは視聴率を取りやすいであろう東大生に取材していました。
18歳と言えど、東大生なら視聴者も納得するだろうという考え方だと思います。
本当は考え方に年齢も何も関係ないのですが、メディアに乗れば、自身の考えを発信するチャンスになります。

大切なのは人数ではなく、投票率

今回、間違いなく18、19歳の投票率が取り上げられることでしょう。
それが、散々な結果だとしたら、大人たちは政権叩きが出来ます。
しかし、どうでしょう。
この投票率が非常に高い場合、何故20歳以上の人達は選挙に行かないのかと思い切って言うことが出来ます。
投票したという結果だけで、ここまで18、19歳世代の意見が通る可能性が得られるというのは非常に良いことだと思います。
そして、この議論が大きくなればなるほど、今の18、19歳世代は有名になるのではないかと思います。
当然、学生政治ジャーナリストのような、個人的に有名になる人もいると思いますが、投票率が高い場合には世代として高く評価されるかもしれません。

どの世代も投票に行くようにしよう

特に18、19歳の選挙権に反対していた人は、投票に行きましょう。
母数としては、決して影響力はないかもしれませんが、新しい世代の投票がどれだけ入るかというのは、非常に見ものです。
若い人達に元気がないのであれば、この国の行く末は決まってしまいます。
彼らの行動に期待しています。
そして、その後推しをするのは、我々大人の役割ではないかと思います。