読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時期尚早

仕事はWEB系ですが、ノンジャンルで書いています。コーヒー片手にごゆるりと。

Facebookに本当の友達はいない方がいい

インターネット ビジネス Facebook

 

Facebookをやらない人

友達がいない人、友達との慣れ合いをSNS上でやりたくない人。
世界を繋げるはずだったFacebookも、結局はそういった格差を生んでしまいました。勿論、友人の繋がりで得られる仕事もあるかもしれません。
Facebookは仕事とプライベートが混ざってしまったからこそ使わなくなる人もいます。

Facebookはビジネス用にすればいい

Facebookはビジネス上の付き合いがある人とだけ友達になると良いのではないか。
友人の近況より仕事上で付き合いのある人の近況を知っている方が良いのではないか。
また、そう割り切ってしまった方が「いいね!」も押しやすいというものです。

Facebookの友人の近況

本当の友人の近況なんて知って何の意味があるのか。
世の中そんなに友人の近況にばかり目は向けられないものです。
相手の近況を見て、勝手に比較して一喜一憂していたところでFacebookが掲げた世界が繋がることは難しい。
世界を繋げようとしたFacebookは、良くも悪くも村社会を作ってしまいました。

友人の近況が知りたいなら直接連絡

友人の近況がどうしても気になるなら直接連絡すれば良いのです。
直接連絡してまで近況を知る必要がないなら、その友人というのはそこまでの関係なのです。
ただでさえ情報量の多い世の中です。
情報も上手くシャットアウトできる部分はしていきたいものです。

情報は偏ってしまった

Facebookユーザのページ自体に興味が湧かない。
これは、繋がろうとしすぎて、余計な人達と繋がることで情報が制限されてしまうからです。
例えば、ある人のことを知りたいと思った時にFacebookページを見に行っても、その人のことを知りたいのに、何も投稿していなかったり、公開制限がかかっていたり、非常に偏った情報になってしまっています。
これならいっそビジネス用、自身の広告として使う方が良いのではないかと思います。ビジネス限定にしてしまう方がよっぽど動きやすくて快適に、そして世界と繋がることが出来るように思います。
そして、ビジネスを通じて、本当の友人を見つけるということが楽しいのかもしれません。