読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

1日風呂に入らなかった場合の電車内での反応

 

お風呂に入る為に家に帰る

現代社会において、忙しいサラリーマンの中にはこのような生活を送っている方も多いと思います。
しかし、いよいよそれすら面倒であったり、帰る時間がない場合もあります。
さて、こうした生活を送った場合に気になるのは、集団に紛れる時や人に会う時の自分の匂いです。

密着度が高い都内の電車に乗る時

東京都内にお住まいの方ならよくご存知かと思います。
都内の電車というのは、行きも帰りも混みます。
余程早い時間に乗らない限り、行きは満員に近いです。
帰りは、時間を選べば、満員は免れることができます。
それでも、お風呂に入っていない時は、電車に乗る時に申し訳ない気持ちでいっぱいになるわけです。

電車内での反応 仮説

実際、かなり臭い人が近くにいると、ふとそちらの方向を見てしまうことありませんか。
決して誰かを特定するわけではなく、何だろうこの匂いはという疑問から匂いのする方向を見る。
その自身の体験に基づき、以下の仮説を立てました。

  • 匂いが相当きつかったら、皆振り返る
  • 振り返らなければ臭いかもしれないが、それ程ではない

誰も振り返らないのであれば、風呂に1日位入らなくても良いということです。

実験者データ

20代男性、太ってはいない。
汗はあまりかかない。

風呂に入らなかった期間

ある朝の6:00のシャワーから、次の日の22:00まで
40時間入らない状態。

電車内での反応 結果

都内の地下鉄で試してみました。
(試したみたというより、普通に帰っただけですが。)

まずは、いきなり避けられるとショックが大きい為、誰もいないところに並び、電車を待ちます。
すると、嫌なことに後ろから並んでくるのです。
どちらかと言えば、臭い思いをして嫌になるのは、後ろに並んでしまった人なのですが。
後ろを振り返る人は変人(※1)らしいので、あまり振り返らないようにしているのですが、振り返って表情等を確認してみたかったです。
※1.犯罪者を特定するか何かの記事で以前読んだことがあります。
もし電車待ちで後ろ振り返られたら、きっとその人はお風呂入っていないんだと思ってあげてください。

並んでいる人達の状況はさておき、電車内に入りました。
そして、早速近づいてくる人達を含めて、周りを見渡してみます。
すると、どうでしょうか。
誰も見ていない。

他の駅で乗ってくる人達で、自分の近くに来る人の様子を見ていましたが、どうやら、気にしすぎなようです。
匂いに敏感そうな若い女性二人組が隣にいたのですが、特に気にしている感じもありませんでした。

結果は、1日風呂に入らなくても誰も気にしないでした。

毎日シャワーを浴びる必要性 -