読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

結婚を考えるなら相手の家族を確認してみよう

 

結婚

女性にとっては人生の最大イベントに挙げる方も多いかと思います。
しかし、残念な事に相手のことを好きなだけでは成り立たないのが結婚生活です。
年々増え続けているように感じる離婚。
近年では、件数自体は少し減っているようですが、それは同時に婚姻の件数も減っているからとも言えるでしょう。
ある程度離婚しきったということで、数年は離婚件数は横ばいするのではないでしょうか。
そして、最早毎月恒例のような不倫騒動。
こんな報道が続いたら、世の中人間不信にも陥ります。
世の女性達も、私達結婚していいのかしらなんてマリッジブルーにもなります。
そして、結婚に対する印象も当然悪くなります。

幸せな家庭を築くなら

家庭問題というのは外から見えないから厄介です。
人の家庭事情を聞いたりすると、それはおかしくないかと思うことが多いものです。
結婚生活を続ける上で、良い家庭を築いていく上で、最も参考になるのは、相手の家族の話です。

子供は両親の影響を受ける

男性であれば、父親に似ます。
女性であれば、母親に似ます。
家族の全体像を見ると、その人が将来どのような人になっていくかがわかるものです。

DVを受けた子はDVをする、又は、DVをする相手を選ぶ傾向があります。
また、浮気が原因で離婚している家庭の子は、やはり同様のことを繰り返す可能性が高いです。
更に加えると、現在の両親との関係性も大切です。
両親と良好な関係を築いている程、両親のようになる傾向があります。
良好な関係を築いていたなら両親の行動を真似していきます。
それが良好な関係を築く上で適切だと自然と認識している為です。

相手のことは好き、しかし、相手の両親や兄弟が好きになれない

こうした悩みを持つ方は多いです。
しかし、この問題は、二人に対する将来の警告として真摯に受け止めるべきです。
何故、好きになれないのか。
その理由は様々ですが、しっかりと向き合いましょう。
両親を好きになれないこと自体は、結婚相手と手を取り合うことで解消できるかもしれませんが、その好きになれない部分を、相手が持っている、又は持つ可能性があることを意識するべきです。
仮に、両親の好きになれない部分を相手が持ってしまった場合、結婚生活を続けることが出来るかどうか、想像してみてください。
結婚生活は、相手を好きというだけの感情では成り立ちません。
相手を好きだと思っていても、不倫する人は不倫しますし、平気で人を傷つけてくる人もいます。

相手の家族は将来の結婚生活を映す鏡です。