読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~身の回りは綺麗にしよう~

 

ゴミ問題

シェアハウスでの問題の1つにゴミ問題があります。
潔癖症の人にとっては死活問題です。
シェアハウス等の共同生活において、共用物を汚く使う人達、このような人達がいるとどこかで歪みが生まれます。
相当な世話焼きの人が一緒に住んでいれば良いかもしれませんが、家族以外の他人にそこまで世話を焼くほどの余裕がある人はなかなかいません。
誰かが汚しているから、自分もまあいいかという感情というのは生まれやすいものです。

わからない人もいる

たまに、自身が汚く使っているという認識がない人もいます。
自分では十分片付けたと思う人です。
こうした片付けに限らず、仕事等含めて、どの世界にも出来ない人というのはいるものです。
このような人にまで本当は気を遣う必要などないのですが、シェアハウスという共同生活である為、誰かが声をかけてあげる必要があります。
話せばわかると信じたいところですが、どうしても難しい場合には、管理人なり、管理会社なりに相談してみましょう。
1人の人がずっと言い続けることは、反発される恐れがある為、良くないですが、他の人も含めて何人かで順番に声かけてみて、それでも改善されないようなら通告ものだと思います。

自分の身の回りは綺麗にしておこう

何かのきっかけで当記事を読んで頂いている方、シェアハウスにご興味があって実際に入居予定という方は、自身の身の回りは綺麗にすることを心掛けてみてください。
部屋を汚く扱う人は、いずれその人自身が他人から汚く扱われることになります。
たかが掃除されど掃除です。
その点に人の性格が出てしまいます。
人を不快にさせるとそのしっぺ返しは必ずあると思います。

綺麗な環境は住みやすい

家が綺麗であるだけで気持ちが違います。
こうした誰かが汚く使うとか、問題点が1つ減れば、人とのコミュニケーションも円滑になるというものです。
居心地の良い空間はほんの少し1人1人が意識するだけで作られるものです。