読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

名探偵コナンFILE963木神

コナン

 

神出鬼没のあいつ登場

2016年6月15日。今週の名探偵コナンです。
新シリーズとなり、神出鬼没のあいつが登場します。

三水吉右衛門の絡繰箱を開けてほしい

ある未亡人が鈴木次郎吉を訪ねてきた。
未亡人は本の寄贈を行うと言ってきた。
そして、鈴木次郎吉は絡繰箱を見てこんなものまで寄贈してもらえるなんてと言うが、この箱は寄贈するわけではなく、開けてほしいということ。
主人が残した三水吉右衛門の絡繰箱。
未亡人は中身について話す。
中には、あの怪盗キッドが狙うビッグジュエリーが入っていると。

阿笠博士・沖矢昴の写真を撮る者

場所は変わり、阿笠博士邸。
次郎吉の怪盗キッドへの挑戦状をネットで発見するコナン。
コナン「また性懲りもなくこんな発表してやがる。」
久しぶりの灰原哀。
灰原「キッドキラーとして貴方も行くんでしょ?」
そこへ沖矢昴がいつものように煮込みすぎた料理を持ってくる。
灰原「あら?貴方も興味あるの?」
沖矢「いえいえ、宝石を奪う怪盗には興味がありません。もっとも、命を奪う奴らには興味はありますがね。」
そして、沖矢昴が帰ろうとする時に、何者かに沖矢昴の写真を撮られる。
沖矢昴はそれに気が付いたものの、静かに工藤邸に戻る。
そして、阿笠博士の写真も撮られる。

怪盗キッド現る

ジュエリーの入った絡繰箱を置いた会場には、コナンの他、毛利蘭、そして、毛利小五郎が集められた。
そして、勿論そのメンツを集めたのは、キッド大好きな鈴木園子。
少しでもキッドが変装できるように頭数を揃えたとのこと。
そして、沖矢昴と同様に、毛利蘭、小五郎、その場にいた鈴木次郎吉は写真を撮られる。
現場にいた中森警部は中に入らないとのこと。
ある警備員「警部は中に入らないのか、それじゃ警部に変装しても仕方ないな。」
そして、沖矢昴達が写った写真を見ながら、考える警備員。
そう、この警備員こそ怪盗キッド。
怪盗キッド「誰にしようかな。」

そして、怪盗キッドが変装相手として選んだのは?

絡繰箱を開けてみよう

毛利小五郎が現場に到着してすぐに絡繰箱を力付くで開けてみようとする。
勿論開かない。
阿笠博士も試してみたというが難しいとのこと。
鈴木次郎吉がキッド確保の為の仕掛けを紹介する。 

沖矢昴?登場

鈴木園子が未亡人からジュエリーと絡繰箱が同じ位の価値と聞いて、このジュエリーは安いものなら1万円位だけどと言うと、

「アデュラレッセンス、ブルームーンの中でもその輝きは違う。それならば絡繰箱との価値も納得がいく。」
ここにきて沖矢昴?が登場。

灰原「あなた興味ないんじゃなかったの?」
灰原哀は相変わらず沖矢昴に冷たい。

本に隠された絡繰箱のヒント

未亡人は話す。
主人は恥ずかしがり屋だった。
箱にしまう時に懐かしい童謡のようなメロディが流れていた。
本の間に何かを書いた紙を挟んでいた。
絡繰箱を自分で開けようとしている時に、主人に見つかり、「君には見えないし、君には開けられない。」と言われた。

ヒントはこの中から探すしかないとして、現れたのは1万冊の本。

以上です。

感想

怪盗キッド出てきました。
怪盗キッドに沖矢昴が絡むのは初ですね。
まず、灰原哀と博士が来ているのが珍しい。
沖矢昴は本物かどうか。
写真を撮られたことに気が付いたであろうことから、現場に来る可能性は高いので、怪盗キッドとの接触は有り得そうです。
しかし、この未亡人はアマンダ・ヒューズに似ているような気がします。
単純に描写・そしてすぐ阿笠邸で沖矢昴も出てきたからでしょうか。
怪盗キッドが組織編に絡むことはないと思いますが、少々期待してしまう新シリーズです。