Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

デブ出禁。行くなら痩せるしかない。日本で全裸レストランオープン。

 

イギリス・ロンドンで全裸レストラン

2016年4月にイギリスロンドンで全裸レストランがオープンするということで世界中で話題になりました。
予約で数万人待ちという状況です。

日本で全裸レストラン

そんなイギリスでオープンした全裸レストランですが、2016年7月29日(金)に日本でもオープンが決まりました。
その名も「AMRITA(アムリタ)」。
海外でも結構多く取り上げられています。
記事が乱立していて探しにくいですが、公式サイトは下記ページです。

theamrita

※現在、オープン初日2016年7月29日は売り切れです。

完全な全裸ではないようです。
「Gストリングや小さなショーツを着用すること」というルールが設けられています。
恥ずかしながらGストリングなるものを知らなかったので調べてみると、これは、、、。
肌色が出てしまうと刺激的なので商品だけの掲載にしておきます。
興味のある方はその他検索してみてください。

男性用もあります。
こんなもの危ないです。
色々と出てしまう予感。

 
充分これはこれで刺激が強いです。
このようなものが似合う肉体派の男性になりたいものです。

年齢・体重制限、いえ、店側が判断したらアウトになる可能性もあります。

年齢制限

18歳or20歳から60歳
※ホームページを見ると単なる間違いなのか、18歳と20歳の記載が混在している。

体重制限

身長に対する平均体重の15キロ以上オーバーの方は入店出来ませんのでご注意との記載があります。
そもそも、デブは予約しないでねと優しく注意書きがあります。
ところで、身長に対する平均体重はどれを参考にしたら良いか。
医学上の理想体重だとか、世界的に採用されるものとして、下記の数式があります。

標準体重(Kg)=身長(M)×身長(M)×22

近年の成人男性に比較的多そうな170cmで計算すると、

1.7×1.7×22=63.58と出ます。

+15kgなので、80kg越える人達は身長がないと厳しいようです。


全裸レストランで検索すると、デブは入店拒否とか、デブ客は禁止等、ここぞとばかりにボロクソ書かれています。
そもそも入店できないのにデブ客という言葉に違和感有です。
いよいよ厳しい世の中です。
もし記者等で、仕事として行きたいのにと思っている方もデブだとダメなのです。
もう痩せるしかありません。

その他の迷惑行為

  • その他の客に話しかける
  • その他の客に触る
  • 写真撮影
  • 携帯電話の使用

これらの行為は迷惑行為として注意喚起の記載がされていますが、すぐ下にこれらの行為を見かけた場合は退店との記載があるので、禁止行為ということでしょうか。
しかしながら、中にはどうにかして、中の様子を撮影しようとする方もいると思います。
しっかりと対策しないと今後の来客に影響を与えるどころか、単なる変わり種の風俗店になりかねませんので、初期対応に期待したいものです。

オープン後の客層

世界的にも注目されていますので、オープン間もない段階では、メディア関係者が多いのではないでしょうか。
辺りを見回して、つい目が合ってしまうという気まずい雰囲気になりかねません。
しかしながら、店外に出る時にちょっと話しかけてみると、思いのほか話が弾むかもしれません。

男性からしたら、一番気になるのは女性の割合ではないでしょうか。
マッチョマンばかり集まってこられても抵抗ある人もいます。
勿論、それが目的な人達も来店するでしょう。
いずれにせよ、色々な思惑が交錯する場になることは間違いないでしょう。
舵取りを誤ると思わぬ方向に向かってしまいそうなお店です。