読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

人を容姿で決めつけること止めませんか。というか仮面つけませんか?

にちじょう インターネット

 

容姿カースト

特に学生位までの若い男女間においては、容姿カーストなるものが存在しているのではないかと思う程、人のことを容姿で判断することが多いです。
それで仲間外れになったり、グループが出来てしまうこともあります。
そもそも会話でのコミュニケーション能力が低いことにも起因しているのではないかと思います。
後、学生等はコミュニケーションが自由にとれます。
選ぶ自由があるわけですから、まずパッと見の外見を判断材料としているのでしょう。


そんな他人事のように書いている私も昔は気にした事があります。
偏差値で言えば32位でしょうか。
もっと下がらないように、最低限身だしなみには気を付けているつもりです。

義務教育は仮面着用

さて、若い時、特に小学生や中学生位だと見た目でいじめの対象になることもあります。
いじめというのは誰も得しない、本当意味のないものです。
義務教育中の仮面着用はいかがだろうかと思います。

容姿は病気も関係がある

私がそうなのですが、あまり人に話した事はありません。
親族かお付き合いしている女性には話した事があります。
諸事情により病名は伏せます。
一般的に馴染みがあるものとしては、ダウン症の患者さんは、容姿の傾向が似ています。
広く知られてきている存在なので、いい大人は特に何も言わないと思いますが、何も知らない小学生位の子からしたら、格好のいじめの標的です。
皆が仮面つけていれば、話す機会は平等に与えられるはずと思うのですがね。

大人になっても

社会人になると、容姿は関係なく、上司・同僚・取引先等、あらゆる場面で人と接する機会が多くなります。
しかしながら、どうしても、話しかけにくいなという人が少しはいるものです。
絶対話しても意味がないと決めつけてしまっている自分がいます。
いや、もしかすると話しかけないでオーラを出しているからこその雰囲気ということで、話題を振らないのは正解なのかもしれません。
大分、自分を正当化する方向に持っていきましたが、自身でも、他人の容姿での決めつけは気を付けたいところです。

仮面パーティ

20代後半ともなれば、そんなに気にしてはいないはずですが、たまには一切顔を見ないお付き合いというものもしてみたいなと思うものです。
外見でなく、話す内容、性格、仕草、そういったものだけでコミュニケーションを取る機会があっても良いではないかと思い、検索してみると、仮面パーティなる怪しげなものがあるではありませんか。

f:id:seconddiary:20160521004424p:plain

参考:仮面パーティ - Google 検索

 

最早、怪しさしかないですよ。
これ絶対楽しいだろうなと思います。
ただ、この位の仮面だとわかってしまいますね。
口元しか見えないくらいでも良いと思うのですが、それだと息苦しいのでしょうか。
割と最近の流行らしいので、まさかの結構タイムリーな話になってしまいました。
近い内、人誘って行ってみたいと思います。
しかし、こういった意見に賛同してくれる人でないと行ってくれないのではないかと思ってます。

そこで、奥義シェアハウスの住人を誘うです。
こんな私を受け入れてくれるシェアハウスは素敵だということで、これを結びの言葉とさせていただきます。