読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~恋愛事情~

 

やっぱり気になる恋愛事情

シェアハウスのメリットとして挙がりやすいものの一つとして出会いがあります。
そして、特に男女でのシェアハウスにおいては、気にせずにはいられない恋愛事情。
あの子とあの子がなんて噂になることもしばしば。
男女が一つ屋根の下で暮らせば仕方のないことです。

リビングで毎日顔を合わせる

単純接触効果というものがあり、これは、繰り返し接していると印象に残り、好意が増すという効果だそうです。
シェアハウスとなれば、共用のリビング等で毎日顔を合わすことになるでしょう。
こうなると、美人だからイケメンだからなんて関係なくなってきます。。。たぶん。
勿論誰でも良いというわけでなく、その中で選別されるとは思います。
しかし、毎日リビングにいれば、少しは恋愛の可能性が高まります。

いかがでしょうか。
自分にもチャンスがあるかもと思えてきたでしょう。

しかし、中には毎日顔を合わせるのは嫌だという人もいます。
私はそうです。仕事関係や恋人でもない限りは、毎日顔を合わすのは無理です。
このような人もいるので、このタイプの異性狙いの場合はいつもリビングにいるだけでは難しいかもしれません。

気付く人は気付きます

意外と皆思い切って動いていたりするものです。
あの人のこと好きなの、何かあったの等、恋愛に関して勘の鋭い人はいます。
一つ屋根の下、なかなか隠しようがなく、突然ぎこちない関係になる人もいます。
そのように男女間で不自然に見えた時、きっと何かが起きているのではないかと思います。
リビングにいる割合も低く、鈍感を自負する私ですら、不自然さを感じたことがあります。
こんな私ですから、ある日突然、予想だにしない恋愛話を相談されることがあります。

振られた後の気まずさ

シェアハウスはチャンスもありますが、勘違いには充分注意したいものです。
勘違いして振られた日には、シェアハウスにいること自体が辛くなってくると思います。
そのような話を聞いたことがあり、実際に振られた本人に聞いてみると、辛いですと一言。

私は特定の人ではなく、それぞれの人が好きなので、そんなことになって誰かが抜けてしまうのがとても悲しいことです。
誰かを好きになることを止めはしません。
むしろこういう時代ですから、良いことだとは思いますが、周りはそんな状況を知ってしまうと結構気を遣ってしまうものです。
特定の人をどうしても好きになってしまった時、そしてその想いを打ち明ける時は、その他住人との別れも覚悟した上で行うようにしましょう。