読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~一生シェアハウスという暮らし~

シェアハウス

 

シェアハウスの浸透

世の中に、確実にシェアハウスが浸透していっています。
こうしたシェアハウスの浸透は、新しい暮らし方を考えるきっかけとなります。
さて、シェアハウスというと、まだまだ若い人達のイメージが強いです。
しかし、今後は新たな暮らしということで、その部分も見直される可能性が高いです。
現に、今は特定の層向けのシェアハウスが誕生しています。
シングルマザー向けのシェアハウスであったり、高齢者向けのものもあります。
こうした1人になりやすいような層に向けたものが先行して誕生していますが、今後は家族向けのシェアハウスというものも誕生していくのではないでしょうか。

現在、「家族向け シェアハウス」で検索してみても、ちらほらと見受けられます。

参考ページ:ファミリー向けのシェアハウス|ひつじ不動産

一生シェアハウスという選択

いずれはこのような人も出てくるのではないでしょうか。
以前は、学校を卒業して就職で1人暮らしという一般的な流れがあったかもしれませんが、今は最初からシェアハウスでの暮らしという選択があります。
一生シェアハウスに住むとなるとどういった流れになるか。
例として挙げてみましょう。

男女が暮らすシェアハウスへ入居。
シェアハウスで出会い、カップルになる。
カップル専用のシェアハウスへ引っ越す。
結婚後、ファミリー向けのシェアハウスへ引っ越す。
高齢になった時に、高齢者専用のシェアハウスへ引っ越す。

ここで挙げた一例は、ひとり暮らしを選択せず、シェアハウスへ入居という所から始まっているので、正確に言えば一生シェアハウスではありませんが、このような環境下で生まれた子供は、一生シェアハウスをする可能性があります。
その為、一生シェアハウス暮らしの人は早くても、100年位先かもしれません。

シェアハウスは若い内に体験しておく

シェアハウスというものに慣れるには、やはり若さは必要ではないでしょうか。
多様性を受け入れる柔軟さがあって初めてシェアハウスというものが成り立ちます。
若さというのは決して年齢だけで決まるものではありませんが、年を重ねることで自分を確立していくと、なかなか受け入れらないことも出てきます。
現在では、シェアハウスの年齢制限を設けている所も多いです。
なかなか年取った人だと難しいと感じている所が多いのではないでしょうか。
このような制限も、もっと様々な形のシェアハウスが普及することによって、解消されるのではないかと思います。