読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

サイバーエージェント運営の「Ameba」 アカウント5万件不正ログイン 流出か

インターネット ビジネス ニュース

 

またまた流出の可能性

最近は、エイベックスの流出がありましたが、続いて、サイバーエージェントからも「Ameba」への不正ログインという形で、個人情報の流出の可能性が出ています。
そもそもAmebaの個人情報入力は、実名をきっちり求めるようなものではなかったと思いますので、匿名でブログをやっている方には、あまり影響はなさそうですが、芸能人の方等、実名で登録されている可能性の高い方は影響が出そうな気がします。

不正アクセスにより、第三者にニックネーム、メールアドレス、生年月日、居住地域、性別等が閲覧された可能性があるということです。

パスワードを変更しましょう

サイバーエージェントは、該当アカウント保有者にアカウントのパスワードを変更した上で個別にメールを送っているようです。
届いている方は勿論ですが、届いていない方も念の為、変更しておく方が良いと思います。
あくまで、サイバーエージェントが独自に該当アカウントを特定したということなので、必ずしも自身のアカウントが攻撃を受けていないとは言い切れません。
こうした流出の可能性がある時は速やかにパスワード変更をしておきましょう。

パスワードは簡単なものは止めておきましょう

また、パスワードの設定は簡単なものだとか推測されやすいものは、止めておきましょう。
簡単なパスワード、誕生日等の推測されやすいものは、変更したとしても、攻撃を受ける可能性が高く危険です。
人は簡単な方向に流されやすく、さくっと入力できるパスワードを選んでしまいがちですが、最悪パスワードは忘れても、再発行できるので、自分の中でルールでも作ってみてパスワードを設定すれば、少しは複雑になります。
例として挙げると

  • 特定の単語を必ず入れる
  • 登録した日付を入れる

このようなものがあります。
その他、パスワード生成サイト等がありますので、そういった所を利用して、Excelか何かにサービス名と共に保管しておくという方法もあります。
パスワード生成サイトはランダムなので、さすがに文字の羅列は覚えられないと思います。その為、いちいちファイルを開くという手間が発生しますが、アカウント保護という点では安全だと思います。

FacebookもTwitterもはてなも

自身が使っているサービスのアカウント情報がいつ流出するかはわかりません。
また、大きな企業だから安心なわけではありません。
むしろ、大きな企業は狙われやすいもの。
だからこそ、個人個人で守るようにしなければいけません。

今回の「Ameba」の件ですが、私も一応アカウントは持っているものの、そもそも利用しなさすぎて、メールアドレスも覚えていないです。
うーん、さっさと使わないアカウントは消しておいた方が良いですね。
ちょっと何とか探して「Ameba」アカウントは消しておきたいと思います。