Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

宿里村の怪 あの名探偵が登場!

 

ゴールデンウイークは映画で決まり

今週の名探偵コナンです。
今週は合併号となってしまうようで、残念ながらゴールデンウイークに名探偵コナンは見れません。映画「純黒の悪夢(ナイトメア)」をまだ見ていない方は見に行くちょうど良いタイミングになるのではないでしょうか。

あの名探偵とは?

本編は探偵事務所の下の喫茶店ポアロにて、梓、安室透、コナン、蘭、園子の会話から始まります。
梓が前回の現場に行ったことがないと話す。
安室透はすっかり騙されたととぼける。
そして、コナンはまさか奴らも、「RAM ASACA」に気付いたのではないかと安室を見つめる。(安室とアイコンタクトしているような感じの描写。)
そして、梓は、さっき探偵事務所に上がっていく二人組を見かけたという。
コナンが黒服を着た男二人組ではないかと尋ねる。
梓「女の人を連れていたわ。それに黒い服ではなかったよ。肌は黒かったな。そう、安室さんくらい!雑巾がどうのこうの話していたよ。」

コナン「雑巾・・・?」
園子「蘭、まさか黒い肌って真さんなんじゃ?なんで女なんて連れてんのよ!」

コナン、蘭、園子が探偵事務所に駆けつけると、そこには服部平次と遠山和葉の姿。
服部「雑巾やのうて、埋蔵金や!」
服部平次は、宿里村の村長から徳川の埋蔵金の手がかりが見つかった為、協力してほしいとの依頼を受けた。
そして、皆で一緒に行かないかというものの、毛利小五郎がパスする。
小五郎「俺は行かねえぞ。どうせ見つかったって、国にほとんど持って行かれてしまうんだからな。」

 

蘭も乗り気ではなかったものの、依頼が平次の所に来たなら工藤君の所にも来てるんやないのと、珍しく和葉から誘い出す。
コナンが服部と話す。
コナン「埋蔵金なんて興味ないし、そもそも群馬はあのヘッポコ刑事がいるだろ。」服部「宿里村は群馬やのうて、静岡や。」

そして、ゾンビの時もそうだったがまたしても、コナン・蘭・服部・和葉の4人で行く事になった。
迎えにきた村長は、探偵にお金を割く余裕がなかった為、服部平次に依頼したとのこと。
服部「おい、新幹線代はろうてくれるんやろな!」

そして、現地に着くと、ボロボロのホテルが登場。
服部「おいおい、ここに泊まるんかいな!」
そして、村長は料理も自分で作るという。
服部「あんたが作るんかいな!」
村長「昔は繁盛していたのだが、あの事件があって以来・・」
と村長は口を噤んだ。そこへ
「落盤事故があって死者が出たんだ。」
と埋蔵金探索の参加者が現れた。
その後、参加者全員が集まったが、当然、工藤新一の姿があるはずもなかった。
蘭「・・・ロンドンでの返事したかったのに・・・・」蘭は、村長と服部平次の話声を聞いた。
服部「この辺の景色はロンドンよりもええか?」
蘭は、それを聞いて、和葉に歩み寄り、
「ラブの予感かもよ?」と話しかける。

その後、参加者全員で食事を行いながら、話をする。
落盤事故にあった被害者が声が出せずに、メモ書きした「nue」と言う文字から、鵺の祟りという記事にしようと考えているというライター。

『平家物語』などに登場し、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビ。文献によっては胴体については何も書かれなかったり、胴が虎で描かれることもある。また、『源平盛衰記』では背が虎で足がタヌキ、尾はキツネになっており、さらに頭がネコで胴はニワトリと書かれた資料もある。
wikipediaより引用。鵺 - Wikipedia

そして、参加者の話も終わり、村長が明朝に採掘場へ、と締めようとした時に、奇妙な鳴き声が聞こえてきた。

 参加者の考古学者が言う。

「鳴き声じゃよ・・・鵺のな」

 

以上が今週号の名探偵コナンです。

 

感想

静岡県ということでまさかの横溝刑事(兄)の登場でしょうか。
服部平次と横溝刑事は何気に初の組み合わせになるのではないでしょうか。
一応、服部平次の母親が出た回で、横溝刑事、そして最後に服部平次は登場してますが、確か事件解決後だったと思いますので、面識はないのかなと思います。

白馬探だとも思っていたのですが、結局服部平次でしたね。
服部は和葉にロンドンよりええとこで告ったろっていうつもりなんでしょうか。

 

このシリーズは、服部平次と和葉のラブストーリーということでよろしいのでしょうか。
あれだけ緊迫していた組織編の後なので何とも気が抜けてしまいましたが、きっとこういうものも含めて名探偵コナンなんですね。
組織編、次は一体いつになるのだろうか・・・

 

以上です。