読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

初めての痔瘻 ~痔瘻根治手術入院2日目~

お尻 痔瘻

 

前回記事↓

初めての痔瘻 ~痔瘻根治手術入院1日目~

入院2日目

入院2日目手術当日です。
病室に置いてあった冊子にはこんな風に書いてありました。

手術前午前中の様子

6:30~ 朝食をお持ちします。

       体温血圧を測ります。

7:00~ 浣腸します。

 

!?

 

浣腸されるのか。

とは言っても既に除毛された後、恥ずかしさも何もありません。
痔瘻になると、お尻を見られることに対していちいち恥ずかしいと感じることがなくなってきます。
最初は抵抗あるものの、治す為には仕方ないことですしね。

 

その後は、手術前に残便がないかどうかの確認の為、大腸の内視鏡検査がありました。浣腸するから全部出してこいということです。
この内視鏡検査は気持ち悪かったですね。
肛門からカメラが入っていくのですが、確か麻酔はなかったと思いますので、入っている感じがわかります。
痛くはないのですが、なんとも言えない気持ち悪さです。
しかも思っている以上に奥までカメラを突っ込んできます。
更に、私、便が残ってまして再検査ということで最悪でした。
まさか自分の便に対して、この糞が、と思う日が来るとは思いませんでした。

 

と言ってもこの内視鏡検査は避けられませんので、術前最後の難関と言えるでしょう。

 

その後、腰に麻酔のシールを貼られて、点滴を行いました。
これが午前9:00位までには終わってしまって、手術は午後から。
当然と言えば当然ですが、この日は朝食以降、次の日までご飯が食べられません。
更に、入院した病院では、水分の制限もありました。
午前中はお茶やスポーツドリンクのみ、11:00まで飲むことができるというものでした。

 

そして、午後の手術の頃には、麻酔も効いてきて、自分では動くことが出来なくなります。

いざ、手術

下半身は麻酔が効いている状態でもう自分では動くことは出来ないのですが、目は開いている状態なので、バタバタと人が動いている所は確認することが出来ました。

うつ伏せ体制になり、手術。

 

麻酔は偉大です。
全く痛くありませんでした。
勿論、お尻に何かしているなという感覚はあるのですが、全く痛みはないです。
そして、ものの10分位でしょうか。
手術はすぐ終わってしまいました。
手術はあまりにあっさりしすぎていて、これ以上書くことない位です。

看護師さんにイチモツを

そして、部屋に戻ると、いよいよ私が一番恐れていたことを行うことになりました。
尿管です。
下半身に麻酔が効いているので、尿管が必要になってきます。
膀胱からのチューブというものでしょうか。
膀胱に尿が溜まれば、尿管を通して容器に溜まっていきます。

 

私の調べた限りでは、痛みを伴うということでしたので、恐れていました。
そりゃそうだろ、ここから管を入れるなんて有りえないよ、痛すぎるよなんて思ってました。
そして、看護師さんにイチモツを握られ、管を挿入されます。

 

・・・。

痛くない。

 

それもそう。

麻酔効いてますので、痛くないに決まってますね。

しかし、抜く時はどうか。

これは3日目の記事に書きます。

 

さて、「看護師にイチモツを」なんていう卑猥極まりない書き方をしましたが、なんてことはなく、担当してくださったのは50代位のベテラン看護師でした。

男性の皆さん、医療行為は医療行為なのです。

期待してはいけませんよ。

その他事項

話戻りますが、手術当日は、術後はもうそのままずっと安静にしておけということでした。

まず、麻酔が完全に切れるのが6時間後と言われていて、動けるなと思う頃にはもう夜です。

一応携帯などは許可されていました。
確か、その日は夜ご飯はありませんでした。
術後に座ることが禁じられていましたので、食べてないと思います。
しかし、このずっとベッドの上で横たわっているということがただただ苦痛でした。
お尻はお尻で痛くはないのですが、ヒリヒリしている感覚があり、術後から夜眠りにつくまでは嫌な気分でした。

 

以上、痔瘻根治手術2日目でした。

にほんブログ村 病気ブログへ