読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~シェアハウス向いている人 向いていない人~

シェアハウス

 

前回記事↓

シェアハウスの暮らし  ~まずは入居者の入居理由別に属性分類してみよう~

シェアハウスにトラブルはつきもの

シェアハウスには、色んな人がいます。
性格は勿論、職業も違えば、国籍も違うこともあります。

そんな人達が一つ屋根の下に住むのですから、トラブルはつきものだと思います。
トラブルといっても、騒音が気になるから、注意してくれと、管理会社にクレームを入れるといったものも含みます。
まずは、大人の対応としては、管理会社があるなら、そこを通すのがセオリーだと思います。

シェアハウスに向いている人

まず、シェアハウスに向いている人は、こうしたルールをしっかり守ることができる人です。
その他、シェアハウスが向いている人として、

  • 神経質ではない
  • 潔癖症でない
  • 協調性がある

といったところです。

「神経質ではない」

言わずもがな、騒音は対応してもらえるとしても、他人の生活音は避けては通れないものです。また、人それぞれ職業によって、生活リズムも異なります。
その為、生活音等気にせず、ぐっすり眠れるとか、他人の行動も気にならない等、神経質でない人が、向いていると言えます。

「潔癖症でない」。

みんながみんな綺麗好きではありません。
中には、物を雑に扱う人もいます。
きっとお母さんとかが身の回りのことを全部やってくれていたんでしょう。
そんな甘やかされた環境で育った、又は一人暮らしの経験がない等、そういう人は汚いものです。
例えば、使った食器等、すぐ洗わないとか、別に極度の綺麗好きでなくても気になることをする方もいるものです。
食べ物の匂いが部屋に充満することが嫌ではないのかなとか思いますが、もしかして潔癖ですかね、私。

しかし、神経質でないこと、潔癖でないことは極端すぎると、その人自身が嫌な住人になる恐れがあります。
そういう人は自身の振る舞いが、適当になりがちだからです。
こんなこと気にするの?とか、これ別に汚くないじゃんとか。
適度に、神経質でない、潔癖でないということがシェアハウスを円満に過ごす秘訣です。

「協調性がある」

当然、必要になってきます。

しかし、共有の場所(リビング等)に集まって、必ずみんなと話さなくてはいけないのかって思うかもしれませんが、そういうことではないです。
協調性っていうのは、ちゃんとシェアハウスのルールを住人同士で守れるかどうかということです。
リビングで語らうことだけがシェアハウスの目的ではないですから。
もちろん、そういう輪に入る方が過ごしやすさはあるかと思います。
しかし、リビングに行ったら、必ず話す必要があるわけでもありません。
大きな画面でテレビ見たいとか、広い空間で本読みたいとかそんな理由でもリビング等共有スペースに出てくる人もいます。

 

以上、シェアハウスが向いている人です。

シェアハウスが向いていない人

  • 短気
  • 神経質
  • 潔癖症
  • 協調性がない

短気

何かあってすぐ住人に文句言ってしまう人はトラブルの元です。
その人がいるだけで、他の住人にも迷惑がかかります。

神経質

続いて、少しの音で眠れない、他人の行動が気になってしまう等、何かと気を遣ってしまうような神経質な方は向いていないと思います。

潔癖症

潔癖症は、大変です。
たぶん、その他の住民のことを恨み始めるのではないでしょうか。
私は、前回のブログで述べたように、職場、恋人、友人とほとんどの属性のひと達とルームシェアしているのですが、清潔っていうのは期待しない方がいいです。
今は誰かと過ごせば、汚くなるものなのかなと思ってますので、ある程度は許容できるようになってます。

と言っても、恋人とのルームシェアは一番綺麗でした。

(その女性がルームシェア直前に住んでいた部屋は汚かったのですが、、女性って変わるのですね。)

なので、結婚生活は出来るのではないかなと思っています。(相手はいませんが。)

ということで、シェアハウスでの潔癖症は致命的です。
相手ぶん殴りたくなるのではないでしょうか。
共有スペースは行かなければいいと割り切れますが、洗濯機や浴室等、水回りはどうしようもないです。

ただこれも考えようです。
とりあえずこの服ここで洗うけど、いつか捨てる。
ここ出る時に捨てる、今この洗濯機で洗った服を着る俺は仮の姿。
そして、この風呂で洗う体も仮の姿。
と思えば、大丈夫です。
最初の一歩が大変ではありますが、一回使ってみれば、気にならなくなります。
といってもやはり、潔癖症の方にはお勧めしません。

協調性がない

これは、実生活でもいえることですが、ルールを守れない方は向いていないです。
変な話ですが、部屋を良くしようとかいう前向きな考えがあったとしても良くないです。
色んな人がいるので、中にはこの家を綺麗にしたいと意気込んでしまう人もいるのです。
その為に管理会社に相談しに行ったりする。
しかし、これはルール違反です。
そもそも会社側にだって、言い分があります。
彼らは彼らで彼らのルールの基に運営しています。
そこに、素人がうだうだ言うのはちょっと違います。
その方は、潔癖の傾向があり、備品を取り換えたいとかそういったことを我々住人にも言うし、管理会社にも言っていました。
しかしながら、備品の取り換え等、そういったものも当然会社側には、明確な基準を定め行っています。
当然、費用は発生するわけだから、そんなに言うなら、住民同士で家賃で負担してくれよとなりかねません。
後日、その方は各方面から、少々面倒くさい人という印象がついてしまいました。
聞いた話だと、その件で住人同士でちょっと揉めそうになったとのことでした。

 

以上、シェアハウス向いている人、向いていない人でした。

にほんブログ村 住まいブログへ