読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Newish One Day

毎日が新しい日。この気付きが人生を快適に過ごす秘訣だけれど、なかなかどうして辿り着けない。

シェアハウスの暮らし ~入居者はどんな人~

シェアハウス にちじょう

 

現在、シェアハウスに住んでいます。

私はシェアハウスに住んでいます、と言っても、人との共同生活は何度も経験しています。
その為、今住んでいる場所も特に、不満なく過ごしています。
会社の人や、恋人、友人、一通り共同生活、シェアハウスみたいなことをしたことがある私ですが、、、、

 

と今書いていて思うのが、こういう人ってあまりいないですよね。。。
今回は、全く知らない人達とのシェアハウスです。
シェアハウスを事業として行っている会社が運営するシェアハウスです。
会社の創業という計画があった為、安く過ごせる所ないかなということで、私はシェアハウスを選択しました。

タイトルの入居者の入居理由別、属性分類

シェアハウスを選択する人は、大きく3通りにわけられるのではないでしょうか。

  • 安く住みたい
  • 人と出会いたい
  • ハイブリッド型(上記二つ希望)

「安く住みたい」
更に理由として、下記が挙げられます。

  1. 仕事が忙しい(あまり家にいない)
  2. お金がない
  3. 留学等、ある目的の為、貯金

「1.仕事が忙しい(あまり家にいない)」は、家にいる時間が少ないのに、住まいにお金をかけたくないという人。
経営者(特に、創業時)、サラリーマン(中小やブラック企業等)が当てはまりそうです。ちなみに、私は安く住みたいの仕事忙しい、ここの層だと思ってます。

 「2.お金がない」は、言わずもがな、そのまんまです。
フリーターやニート、スネップ等はここにあてはまるのかなと思います。
(ちょっとスネップは言いすぎましたか。シェアハウスでスネップになるって忍者か何かですよ、きっと。)

 「3.留学等、ある目的の為、貯金」は、仕事が忙しいという場合もあるし、お金がないからということも当てはまりそうです。
この層は、サラリーマン・フリーターになるかと思います。

 「人と出会いたい」

どのような人に出会いたいのか、これまた、目的別で分けられそうです。

  1. 友達
  2. 仕事
  3. 恋愛

「1.友達」は、友達がいない人、少ない人、友達100人作りたい人等、様々。
友達がいることに越したことはないのではないかと、友達がいない私は良く思います。

 「2.仕事」は、スキルアップとか、又は他の仕事も興味がある人等。同業種や関連ある業種なら、スキルアップに繋がる話は出来るかもしれませんし、他の仕事は、転職の参考になるかもしれません。

「3.恋愛」は、職場に恋愛対象となる人がいない、恋愛したことがない、童貞、セ○○100人作りたい等、様々。

 

そして最後に、「ハイブリッド型(上記二つ希望)」

この層は、せっかくシェアハウスに住むんだから、安く、かつ交流も行えるというシェアハウスのメリットを最大限享受しようと、シェアハウスというものに夢を持ちすぎている人達です。
私は見たことなく、他のシェアハウスブログみたいので見かけたのですが、テラスハウスというものに強く影響を受けた人等は、この層に入りそうな気がします。

安くて、出会えてなんて、地雷風俗店しか選択肢がないのと同じように、シェアハウスも似たようなものです。世の中うまく回ってますよ。

 

安い所というのは、当然、変な人が出てきます。(というか私、、、、)

しかし、人間なんですから、みんな変な部分は少ながらず持っているはず。
そして、一つ屋根の下で暮らす以上、その辺はある程度ばれてしまいます。
もちろん、ずっと交流を避けていれば、忍者のように過ごしていれば、若しくは、もう個室から一切出ないとかすれば、ばれないかもしれませんが、案外、誰かに見られているものです。

シェアハウスの良い所は、その個の塊に埋もれることで、私って全然変じゃないと思えるところです。
実際私は、この人たちの方が僕基準でいえば変わっているよなって思って、前向きに生きてます。

 

ハイブリッド型を希望する方には是非、価格と相談して後悔しないよう選んでほしいものです。
決して高ければ安心ってことはないと思いますので、その辺は難しいですが。
金銭感覚がない人、金にもの言わせる人等、高い所にはそういう人もいそうですし。
もしかしたら、自分がその輪に入ってそうなる、又はそうであったことに気付くかもしれませんし。

間違いなく言えるのは、やっぱり色んな人がいるということ

しかしながら、気構えるほど変な人はいないのかなと思います。
そういう人は交流の場であるリビングとかに姿見せないと思いますので、関わるタイミングがないと思いますが、盗難・騒音等、そういったことには充分注意する必要がありそうです。

 

以上です。
ちょっと今後から、シェアハウスネタも軽く入れていきます。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ